弁護士費用

法律相談料
30分 5,000円+税を基本とします。
(ただし、初回相談は1時間 5,000円+税です)
※借金の初回相談は無料です。
実際に事件をご相談いただく場合の費用
通常は以下の①~③をお支払いいただくことになります。
具体的な金額は、当事務所の報酬基準に基づいて、契約時に算定します。
法律相談の際にお見積りすることも可能です。分割払いも可能ですので、ご相談ください。

着手金
着手金は、事件のご依頼を受けたときに、最初にお支払いいただく費用です。
報酬
報酬は、事件が終了したときに、成功の程度等に応じてお支払いいただく費用です。
実費
収入印紙代、郵便切手代、交通費など事件処理にあたり実際にかかる費用です。
日当
事件処理のため、遠隔地に出向く場合など、一定時間拘束されることにより発生する費用です。
ケースにより、①~③とは別にお支払いいただくことになります。
手数料
遺言書や契約書の作成など、相手方との交渉を必要とせず、一度の手続で終了するご依頼の場合に、実費とは別にかかる費用です。この場合、①着手金や②報酬は不要です。
顧問契約
継続的に弁護士のサポート(法律相談、関係者との事務連絡、簡易な文書作成など)が必要な場合の契約です。
 
事業者の顧問料
月額30,000円(税別)~

非事業者の顧問料
月額 5,000円(税別)~

なお、具体的に訴訟対応等が必要になった場合には、別途、委任契約を締結して着手金や報酬を頂くことになりますが、通常より減額させていただきます。
参考
着手金・報酬の算定方法
着手金の額は、 弁護士の事件処理によって得られるであろう 経済的利益の額に基づいて、報酬の額は、 実際に事件処理によって得られた 経済的利益に基づいて、算定します。

民事事件
経済的利益 着手金
(税別)
報酬
(税別)
300万円以下 経済的利益の8% 経済的利益の16%
300万円超え~3,000万円以下 経済的利益の5%+9万円 経済的利益の10%+18万円
3,000万円超え~3億円以下 経済的利益の3%+69万円 経済的利益の6%+138万円
3億円超え 経済的利益の2%+369万円 経済的利益の4%+738万円
事事件    
経済的利益 着手金(税別) 報酬(税別)
300万円以下
経済的利益の8%
経済的利益の16%
300万円を超え~
 3,000万円以下
経済的利益
 の5%+9万円
経済的利益の
 10%+18万円
3,000万円を超え~
 3億円以下
経済的利益の
 3%+69万円
経済的利益の
 6%+138万円
3億円超え
経済的利益の
 2%+369万円
経済的利益の
 4%+738万円

着手金の最低金額は100,000円+税です。

交渉、調停の場合は事案の内容などにより着手金を3分の2に減額することがあります。

強制執行事件のみの場合、着手金は上記の2分の1、報酬は上記の4分の1です。

離婚事件や刑事事件など経済的利益を算定できない事件、債務整理事件、労働事件等については、以下のとおり別途基準を定めています。

 

家事事件
手続きの
種類
着手金
(税別)
報酬
(税別
交渉のみ 20万円以上 20万円~50万円
調停
(交渉も含む)
20万円~50万円 20万円~50万円

訴訟
30万円~60万円
(調停から引き続きご依頼の場合10万円~40万円)
30万円~60万円
事事件    
手続きの種類 着手金(税別) 酬(税別)
交渉のみ
20万円以上
20万円~50万円
調停
(交渉も含む)
20万円~50万円
20万円~50万円
訴訟
30万円~60万円
(調停から引き続きご依頼の場合10万円~40万円)
30万円~60万円


刑事事件    
手続きの種類 着手金(税別) 報酬(税別)
捜査段階の弁護
15万円~50万円
否認事件等は加算する場合もあり
15万円~50万円
否認事件等は加算する場合もあり
起訴後の弁護
 通常事件の場合
20万円~50万円
20万円~50万円
起訴後の弁護
 否認事件
 事案複雑な事件
 裁判員事件の場合
50万円~
30万円~

債務整理事件    
手続きの種類 着手金(税別) 報酬(税別)
任意整理
1~2社 5万円
3社以上 2万円×債権者数
基本報酬 着手金と同額
減額報酬 利息制限法で引き直した残元金の全部または一部を減額できた場合、減額した金額の10%
過払報酬 回収額の20%
個人再生
30万円
30万円
破産(個人)
非事業者 20万円
事業者 20万円~
(規模による)
免責について基本報酬着手金と同じ
過払報酬 回収額の20%
破産(法人)
50万円~
(規模により減額も可)
基本報酬 なし
過払報酬 回収額の20%

 

刑事事件
手続きの
種類
着手金
(税別)
報酬
(税別)
捜査段階の弁護 15万円~50万円
否認事件等は加算する場合もあり
15万円~50万円
否認事件等は加算する場合もあり
起訴後の弁護通常事件の場合 20万円~50万円 20万円~50万円
起訴後の弁護
・否認事件事案複雑な事件
・裁判員事件の場合
50万円~ 30万円~


債務整理事件
手続きの
種類
着手金
(税別)
報酬
(税別)
任意整理 1~2社 5万円
3社以上 2万円×債権者数
基本報酬 着手金と同額
減額報酬利息制限法で引き直した残元金の全部または一部を減額できた場合、減額した金額の10%
過払報酬 回収額の20%
個人再生 30万円 30万円
破産
(個人)
非事業者 20万円
事業者 20万円~
(規模による)
免責について基本報酬着手金と同じ
過払報酬 回収額の20%
破産
(法人)
50万円~
(規模により減額も可)
基本報酬なし
過払報酬 回収額の20%

借金の整理の方法は、裁判所を利用する破産・個人再生と、任意整理(交渉による整理)の3種類があります。

 

ご参考)日当
移動時間が
往復3時間~
5時間の場合
3万円以下
移動時間が
往復5時間以上
2万円~5万円

ご参考)手数料
ご依頼内容 手数料(税別)
調査
法律関係、事実関係
5~20万円
遺言書作成 10万円~
(金額、内容により相談)
契約書作成 10万円~
(金額、内容により相談)
内容証明郵便による
通知書の作成
3~5万円
証拠保全 20万円+
民事事件の着手金の10%
後見開始申立て 20万円



このページのトップへ

 

ご参考)日当  
移動時間が往復3時間~5時間の場合 3万円以下
移動時間が往復5時間以上 2万円~5万円
ご参考)手数料  
ご依頼内容 手数料(税別)
調査(法律関係、事実関係) 5~20万円
遺言書作成 10万円~(金額、内容により相談)
契約書作成 10万円~(金額、内容により相談
内容証明郵便による通知書の作成 3~5万円
証拠保全 20万円+民事事件の着手金の10%
後見開始申立て 20万円